赤穂浪士・赤穂義士・四十七士

 赤穂浪士あこうろうしは、元禄げんろく15年12月14日(1703年1月30日)の深夜に、旧主浅野長矩あさの ながのり内匠頭たくみのかみ )の仇である江戸本所の高家旗本・吉良義央きらよしひさ上野介こうずけのすけ)の屋敷に討ち入って、吉良義央および家人を殺害した元播磨赤穂藩士大石良雄以下47人の武士で、赤穂義士あこうぎし四十七士しじゅうしちしとも呼ばれる。
 きっかけとなったのは、元禄14年3月14日(1701年4月21日)、赤穂藩主の浅野長矩が、吉良義央に対して江戸城殿中において刃傷に及び、浅野長矩は殿中抜刀の罪で即日切腹となり赤穂藩は改易となったことで、江戸城殿中での刃傷事件からこの討ち入りまでの一連の事件は「元禄赤穂事件」と呼ばれる。


  • 掲載した絵は、明治から大正期の浮世絵師、日本画家の、尾形月耕おがたげっこうによる「義士四十七図」(国立国会図書館所蔵)。
  • 画像をクリックすると拡大します。
赤穂浪士・赤穂義士・四十七士
姓名
 
辞世
享年
大石内蔵助良雄

おおいしくらのすけよしお(よしたか)
大石内蔵助良雄 あら楽や思ひは晴るゝ身は捨つる浮世の月にかゝる雲なし 45
大石主税良金

おおいしちからよしかね
大石主税良金 あふ時はかたりつくすとおもへども別れとなればのこる言の葉 16
原惣右衛門元辰

はらそうえもんもととき
赤埴源蔵重賢 君がため思もつもる白雪を散らすは今朝の嶺の松風 56
片岡源五右衛門高房

かたおかげんごえもんたかふさ
片岡源五右衛門高房   37
堀部弥兵衛金丸

ほりべやへえかなまる(あきざね)
堀部弥兵衛金丸 雪はれて思ひを遂るあしたかな 77
堀部安兵衛武庸

ほりべやすべえたけつね
堀部安兵衛武庸 梓弓ためしにも引け武士の道は迷はぬ跡と思はば 34
吉田忠左衛門兼亮

よしだちゅうざえもんかねすけ
吉田忠左衛門兼亮 かねてより君と母とにしらせんと人よりいそぐ死出の山道 64
吉田沢右衛門兼貞

よしださわえもんかねさだ
吉田沢右衛門兼貞   29
近松勘六行重

ちかまつかんろくゆきしげ
近松勘六行重   34
間瀬久太夫正明

ませきゅうだゆうまさあき
間瀬久太夫正明   63
間瀬孫九郎正辰

ませまごくろうまさとき
間瀬孫九郎正辰   23
赤埴源蔵重賢

あかばねげんぞうしげかた
赤埴源蔵重賢   35
潮田又之丞高教

うしおだまたのじょうたかのり
潮田又之丞高教 武士の道とばかりを一筋に思ひ立ぬる死出の旅路を 35
冨森助右衛門正因

とみのもりすけえもんまさより
冨森助右衛門正因 先立し人もありけりけふの日をつひの旅路の思ひ出にして 35
不破数右衛門正種

ふわかずえもんまさたね
不破数右衛門正種
不破数右衛門正種
  34
岡野金右衛門包秀

おかのきんえもんかねひで
岡野金右衛門包秀 その匂ひ雪のあさぢの野梅かな 24
小野寺十内秀和

おのでらじゅうないひでかず
小野寺十内秀和 今ははや言の葉草もなかりけり何のためとて露結ぶらむ 61
小野寺幸右衛門秀富

おのでらこうえもんひでとみ
小野寺幸右衛門秀富 今朝もはやいふ言の葉もなかりけりなにのためとて露むすぶらん 28
木村岡右衛門貞行

きむらおかえもんさだゆき
木村岡右衛門貞行 おもひきや我が武士の道ならで御法のゑんにあふとは 46
奥田孫太夫重盛

おくだまごだゆうしげもり
奥田孫太夫重盛   57
奥田貞右衛門行高

おくださだえもんゆきたか
奥田貞右衛門行高   26
早水藤左衛門満尭

はやみとうざえもんみつたか
早水藤左衛門満尭 地水火風空のうちより出し身のたどりて帰るもとのすみかに 40
矢田五郎右衛門助武

やだごろうえもんすけたけ
矢田五郎右衛門助武   29
大石瀬左衛門信清

おおいしせざえもんのぶきよ
大石瀬左衛門信清   27
礒貝十郎左衛門正久

いそがいじゅうろうざえもんまさひさ
礒貝十郎左衛門正久   25
間喜兵衛光延

はざまきへえみつのぶ
間喜兵衛光延 草枕むすぶ仮寐の夢さめて常世にかへる春の曙 69
間重次郎光興

はざまじゅうじろうみつおき
間重次郎光興 終にその待つにぞ露の玉の緒のけふ絶えて行く死出の山道 26
間新六郎光風

はざましんろくろうみつかぜ
間新六郎光風 思草茂れる野辺の旅枕仮寝の夢は結ばざりしを 24
中村勘助正辰

なかむらかんすけまさとき
中村勘助正辰 梅が香や日足を伝ふ大書院 46
千馬三郎兵衛光忠

せんば(ちば)さぶろべえみつただ
千馬三郎兵衛光忠   51
菅谷半之丞政利

すがやはんのじょうまさとし
菅谷半之丞政利   44
村松喜兵衛秀直

むらまつきへえひでなお
村松喜兵衛秀直 命にもかえぬ一をうしなはば逃げかくれてもこゝを逃れん 62
村松三太夫高直

むらまつさんだゆうたかなお
村松三太夫高直 極楽を断りなしに通らばや弥陀諸共に四十八人 27
倉橋伝助武幸

くらはしでんすけたけゆき
倉橋伝助武幸   34
岡嶋八十右衛門常樹

おかじまやそえもんつねしげ
岡嶋八十右衛門常樹   38
大高源五忠雄

おおたかげんごただかつ(ただたけ)
大高源五忠雄 梅で呑む茶屋もあるべし死出の山 32
矢頭右衛門七教兼

やとう(やこうべ)えもしちのりかね
矢頭右衛門七教兼   18
勝田新左衛門武尭

かつたしんざえもんたけたか
勝田新左衛門武尭
勝田新左衛門武尭
  24
武林唯七隆重

たけばやしただしちたかしげ
武林唯七隆重 三十年来一夢中 捨身取義夢尚同 双親臥病故郷在 取義捨恩夢共空 32
前原伊助宗房

まえばらいすけむねふさ
前原伊助宗房 春来んとさしもしらじな年月のふりゆくものは人の白髪 40
貝賀弥左衛門友信

かいがやざえもんとものぶ
貝賀弥左衛門友信   54
杉野十平次次房

すぎのじゅうへいじつぎふさ
杉野十平次次房   28
神崎与五郎則休

かんざきよごろうのりやす
神崎与五郎則休 余の星はよそ目づかひや天の川 38
三村次郎左衛門包常

みむらじろうざえもんかねつね
三村次郎左衛門包常   37
横川勘平宗利

よこかわかんべいむねとし
横川勘平宗利 まてしばし死出の遅速はあらんともまつさきかけて道しるべせむ 37
茅野和助常成

かやのわすけつねなり
茅野和助常成 天の外はあらじな千種たに本さく野辺に枯るると思へは世や命咲野にかかる世や命 37
寺坂吉右衛門信行

てらさかきちえもんのぶゆき
寺坂吉右衛門信行 *討ち入り時は38歳、享年は83。 83
(38)

関連人物
姓名
 
辞世など
享年
萱野三平重実

かやのさんぺいしげざね
萱野三平重実 浅野内匠頭の切腹とお家取り潰しの報せを赤穂まで早籠で伝えた。討ち入り前に忠孝のはざまで自刃。
事件を基に後年制作された『仮名手本忠臣蔵』では早野勘平とされた。
〔辞世〕
 晴れゆくや日頃心の花曇り  涓泉
28

こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索