色々な計算をする

商品Aと商品B、どちらが得かを計算する
= AとBの数量と金額を比較し計算する =

商品Aと商品B、どちらがお得?

  • 【例1】 350mlで100円の飲料水と、500mlで150円の飲料水があります。どちらがお得?
  • 【例2】 25枚入り1,050円の湿布薬と、10枚入り420円の湿布薬があります。どちらがお得?
商品A    どちらがお得   

商品B
・数量A 
・金額A 
・数量B 
・金額B 
= ここに結果が表示されます =
初期設定では、【例1】のデータが入力されています。
 [ 計算をする ]のボタンをクリックしてみてください。
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索