みんなの知識【ちょっと便利帳】目次へ
▶日本国憲法 ▶日本国憲法(ふりがな) ▶戦争の放棄・第九条 ▶あたらしい憲法のはなし ▶あたらしい憲法のはなし(ふりがな)
▶戦争絶滅受合法案 ▶戦争絶滅受合法案(ふりがな) ▶ 戦争放棄条項等の生まれた事情について

日本国憲法 - ふりがな付き -
[ 昭和21年(1946年)11月3日公布 / 昭和22年(1947年)5月3日施行 ]

ページ内検索          検索のヒント
ページ内検索とは?
    ≫ 横書き[日本国憲法 全文]
    ≫ 縦書き[日本国憲法 全文]
    ≫ ふりがな付き[日本国憲法 全文]
        [リンク] ≫ 画像で見る日本国憲法(原本)
        [リンク] ≫ 画像で見る日本国憲法(官報号外)
    ≫[参考]あたらしい憲法のはなし(1947年・昭和22年 文部省)
    ≫[参考]戦争絶滅受合法案(せんそうぜつめつうけあいほうあん)
    ≫[参考]幣原元首相が語った - 戦争放棄条項等の生まれた事情について
  = 第四章 = ≫

日本国 にほんこく 憲法 けんぽう
新字体/現代かなづかい/ふりがな付きです。


だい さん しょう   国民こくみん 権利けんり およ 義務ぎむ

だいじゅうじょう日本にほん国民こくみんたる要件ようけんは、法律ほうりつでこれをさだめる。
だいじゅういちじょう国民こくみんは、すべての基本きほんてき人権じんけん享有きょうゆうさまたげられない。この憲法けんぽう国民こくみん保障ほしょうする基本きほんてき人権じんけんは、おかすことのできない永久えいきゅう権利けんりとして、現在げんざいおよ将来しょうらい国民こくみんあたえられる。
だいじゅうじょうこの憲法けんぽう国民こくみん保障ほしょうする自由じゆうおよ権利けんりは、国民こくみん不断ふだん努力どりょく によって、これを 保持ほじしなければならない。また国民こくみんは、これを濫用らんようしてはならないのであって、つね公共こうきょう福祉ふくしのためにこれを利用りようする責任せきにん う。
だいじゅうさんじょうすべて国民こくみんは、個人こじんとして尊重そんちょうされる。生命せいめい自由じゆうおよ幸福こうふく追求ついきゅうたいする国民こくみん権利けんりについては、公共こうきょう福祉ふくしはんしないかぎり、立法りっぽうその国政こくせいうえで、最大さいだい尊重そんちょう必要ひつようとする。
だいじゅうよんじょうすべて国民こくみんは、ほうもと平等びょうどうであって、人種じんしゅ信条しんじょう性別せいべつ社会しゃかいてき身分みぶんまた門地もんちにより、政治せいじてき経済けいざいてきまた社会しゃかいてき関係かんけいにおいて、差別さべつされない。
  華族かぞくその貴族きぞく制度せいどは、これをみとめない。
  栄誉えいよ勲章くんしょうその栄典えいてん授与じゅよは、いかなる特権とっけん ともな わない。栄典えいてん授与じゅよは、げんにこれをゆうし、また将来しょうらいこれをけるものいちだいかぎり、その効力こうりょくゆうする。
だいじゅうじょう公務員こうむいん選定せんていし、およびこれを罷免ひめんすることは、国民こくみん固有こゆう権利けんりである。
  すべて公務員こうむいんは、全体ぜんたい奉仕ほうししゃであって、一部いちぶ奉仕ほうししゃではない。
  公務員こうむいん選挙せんきょについては、成年せいねんしゃによる普通ふつう選挙せんきょ保障ほしょうする。
  すべて選挙せんきょにおける投票とうひょう秘密ひみつは、これをおかしてはならない。選挙せんきょ にん は、その選択せんたくかん公的こうてきにも私的してきにも責任せきにんわれない。
だいじゅうろくじょうなん ぴと も、損害そんがい救済きゅうさい公務員こうむいん罷免ひめん法律ほうりつ命令めいれいまた規則きそく制定せいてい廃止はいしまた改正かいせいその事項じこうかんし、平穏へいおん請願せいがんする権利けんりゆうし、なん ぴとも、かかる請願せいがんをしたためにいかなる差別さべつ待遇たいぐうけない。
だいじゅうしちじょうなん ぴとも、公務員こうむいん不法ふほう行為こういにより、損害そんがいけたときは、法律ほうりつさだめるところにより、くにまた公共こうきょう団体だんたいに、その賠償ばいしょうもとめることができる。
だいじゅうはちじょうなん ぴとも、いかなる奴隷どれいてき拘束こうそくけない。また犯罪はんざい処罰しょばつ場合ばあいのぞいては、そのはんする苦役くえきふくさせられない。
だいじゅうきゅうじょう思想しそうおよ良心りょうしん自由じゆうは、これをおかしてはならない。
だいじゅうじょう信教しんきょう自由じゆうは、なん ぴとたいしてもこれを保障ほしょうする。いかなる宗教しゅうきょう団体だんたいも、くにから特権とっけんけ、また政治せいじじょう権力けんりょく行使こうししてはならない。
  なん ぴとも、宗教しゅうきょうじょう行為こうい祝典しゅくてん儀式ぎしきまた行事ぎょうじ参加さんかすることを強制きょうせいされない。
  くにおよびその機関きかんは、宗教しゅうきょう教育きょういくそのいかなる宗教しゅうきょうてき活動かつどうもしてはならない。
だいじゅういちじょう集会しゅうかい結社けっしゃおよ言論げんろん出版しゅっぱんその一切いっさい表現ひょうげん自由じゆうは、これを保障ほしょうする。
  検閲けんえつは、これをしてはならない。通信つうしん秘密ひみつは、これをおかしてはならない。
だいじゅうじょうなん ぴとも、公共こうきょう福祉ふくしはんしないかぎり、居住きょじゅう移転いてんおよ職業しょくぎょう選択せんたく自由じゆうゆうする。
  なん ぴとも、外国がいこく移住いじゅうし、また国籍こくせき離脱りだつする自由じゆうおかされない。
だいじゅうさんじょう学問がくもん自由じゆうは、これを保障ほしょうする。
だいじゅうよんじょう婚姻こんいんは、両性りょうせい合意ごういのみにもとづいて成立せいりつし、夫婦ふうふ同等どうとう権利けんりゆうすることを基本きほんとして、相互そうご協力きょうりょくにより、維持いじされなければならない。
  配偶はいぐうしゃ選択せんたく財産ざいさんけん相続そうぞく住居じゅうきょ選定せんてい離婚りこんならびに婚姻こんいんおよ家族かぞくかんするその事項じこうかんしては、法律ほうりつは、個人こじん尊厳そんげん両性りょうせい本質ほんしつてき平等びょうどう立脚りっきゃくして、制定せいていされなければならない。
だいじゅうじょうすべて国民こくみんは、健康けんこう文化ぶんかてき最低さいてい限度げんど生活せいかついとな権利けんりゆうする。
  くには、すべての生活せいかつ部面ぶめんについて、社会しゃかい福祉ふくし社会しゃかい保障ほしょうおよ公衆こうしゅう衛生えいせい向上こうじょうおよ増進ぞうしんつとめなければならない。
だいじゅうろくじょうすべて国民こくみんは、法律ほうりつさだめるところにより、その能力のうりょくおうじて、ひとしく教育きょういくける権利けんりゆうする。
  すべて国民こくみんは、法律ほうりつさだめるところにより、その保護ほごする子女しじょ普通ふつう教育きょういくけさせる義務ぎむう。義務ぎむ教育きょういくは、これを無償むしょうとする。
だいじゅうしちじょうすべて国民こくみんは、勤労きんろう権利けんりゆうし、義務ぎむう。
  賃金ちんぎん就業しゅうぎょう時間じかん休息きゅうそくその勤労きんろう条件じょうけんかんする基準きじゅんは、法律ほうりつでこれをさだめる。
  児童じどうは、これを酷使こくししてはならない。
だいじゅうはちじょう勤労きんろうしゃ団結だんけつする権利けんりおよ団体だんたい交渉こうしょうその団体だんたい行動こうどうをする権利けんりは、これを保障ほしょうする。
だいじゅうきゅうじょう財産ざいさんけんは、これをおかしてはならない。
  財産ざいさんけん内容ないようは、公共こうきょう福祉ふくし適合てきごうするように、法律ほうりつでこれをさだめる。
  私有しゆう財産ざいさんは、正当せいとう補償ほしょうもとに、これを公共こうきょうのために もち いることができる。
だいさんじゅうじょう国民こくみんは、法律ほうりつさだめるところにより、納税のうぜい義務ぎむう。
だいさんじゅういちじょうなん ぴとも、法律ほうりつさだめる手続てつづきによらなければ、その生命せいめいしくは自由じゆう うば われ、またはその刑罰けいばつせられない。
だいさんじゅうじょうなん ぴとも、裁判所さいばんしょにおいて裁判さいばんける権利けんり うば われない。
だいさんじゅうさんじょうなん ぴとも、現行げんこうはんとして逮捕たいほされる場合ばあいのぞいては、権限けんげんゆうする司法しほう官憲かんけんはっし、理由りゆうとなっている犯罪はんざい明示めいじする令状れいじょうによらなければ、逮捕たいほされない。
だいさんじゅうよんじょうなん ぴとも、理由りゆうただちにげられ、つ、ただちに弁護人べんごにん依頼いらいする権利けんりあたえられなければ、抑留よくりゅうまた拘禁こうきんされない。またなん ぴとも、正当せいとう理由りゆうがなければ、拘禁こうきんされず、要求ようきゅうがあれば、その理由りゆうは、ただちに本人ほんにんおよびその弁護人べんごにん出席しゅっせきする公開こうかい法廷ほうていしめされなければならない。
だいさんじゅうじょうなん ぴとも、その住居じゅうきょ書類しょるいおよ所持しょじひんについて、侵入しんにゅう捜索そうさくおよ押収おうしゅうけることのない権利けんりは、だいさんじゅうさんじょう場合ばあいのぞいては、正当せいとう理由りゆうもとづいてはっせられ、捜索そうさくする場所ばしょおよ押収おうしゅうするもの明示めいじする令状れいじょうがなければ、おかされない。
  捜索そうさくまた押収おうしゅうは、権限けんげんゆうする司法しほう官憲かんけんはっするかくべつ令状れいじょうにより、これをおこなう。
だいさんじゅうろくじょう公務員こうむいんによる拷問ごうもんおよ残虐ざんぎゃく刑罰けいばつは、絶対ぜったいにこれをきんずる。
だいさんじゅうしちじょうすべて刑事けいじ事件じけんにおいては、被告人ひこくにんは、公平こうへい裁判所さいばんしょ迅速じんそく公開こうかい裁判さいばんける権利けんりゆうする。
  刑事けいじ被告人ひこくにんは、すべての証人しょうにんたいして審問しんもんする機会きかい充分じゅうぶんあたえられ、また公費こうひ自己じこのために強制きょうせいてき手続てつづきにより証人しょうにんもとめる権利けんりゆうする。
  刑事けいじ被告人ひこくにんは、いかなる場合ばあいにも、資格しかくゆうする弁護人べんごにん依頼いらいすることができる。被告人ひこくにんみずからこれを依頼いらいすることができないときは、くにでこれをする。
だいさんじゅうはちじょうなん ぴとも、自己じこ不利益ふりえき供述きょうじゅつ強要きょうようされない。
  強制きょうせい拷問ごうもんしくは脅迫きょうはくによる自白じはくまた不当ふとうなが抑留よくりゅうしくは拘禁こうきんされたのち自白じはくは、これを証拠しょうことすることができない。
  なん ぴとも、自己じこ不利益ふりえき唯一ゆいいつ証拠しょうこ本人ほんにん自白じはくである場合ばあいには、有罪ゆうざいとされ、また刑罰けいばつせられない。
だいさんじゅうきゅうじょうなん ぴとも、実行じっこうとき適法てきほう であった 行為こういまたすで無罪むざいとされた行為こういについては、刑事けいじじょう責任せきにんわれない。また同一どういつ犯罪はんざいについて、かさねて刑事けいじじょう責任せきにんわれない。
だいよんじゅうじょうなん ぴとも、抑留よくりゅうまた拘禁こうきんされたのち無罪むざい裁判さいばんけたときは、法律ほうりつさだめるところにより、くににその補償ほしょうもとめることができる。

= 第四章 = ≫

   目次 もくじ


・読みやすくするために、書きかえている部分があります。
  1.現代かなづかいにしました。
    例:ないやうに → ないように  努めてゐる → 努めている  誓ふ → 誓う
      いづれの → いずれの  行ふ → 行う  失ふ → 失う  問はれない → 問われない
  2.「であつて」「によつて」などの促音の大書きを、「であって」「によって」と小書きにしました。
  3.漢字を書きかえました。
    試錬 → 試練  一の → 一つの
  4.すべての漢字にふりがなを付けました


カスタム検索
 
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの、法律上の“引用”の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます
カスタム検索