立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
小雪
大雪
冬至
小寒
大寒
節分
春社日
春彼岸
春土用
八十八夜
入梅
半夏生
中元
お盆・盂蘭盆
夏土用
二百十日
二百二十日
秋彼岸
秋社日
秋土用
冬土用
元日
寒の入り
人日
(じんじつ)
上巳
(じょうし)
端午
(たんご)
七夕
(しちせき)
重陽
(ちょうよう)
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
 弱冠、而立、不惑など  三十路、四十路など
論語について
祝い事・法要・年回忌
長寿の祝い
 
 旧暦・六曜(大安、仏滅)などを調べることができます。
  仏式  神式  キリスト教・カトリック  キリスト教・プロテスタント
 指定した年の恵方を調べることができます。  地図で確認
秋の七草

祝い事・長寿の祝い

・データの無断転載を禁じます。
著作権侵害という犯罪  
[年齢計算・和暦→西暦変換など]へ 
《参考》
作文捷径さくぶんしょうけい : 和漢日用』(国立国会図書館所蔵)に見られる漢文などから引いた「長寿の祝い」に添えられる文例。「南極星輝」「松柏節操」「南山の寿」などが見られる。
(『作文捷径」は、 西野古海にしのこかいによって、明治9年(1876年)[今から ]に編纂された)

『作文捷径』に見られる漢文などから引いた「長寿の祝い」に添えられる文例 [1] [1]    に見られる漢文などから引いた「長寿の祝い」に添えられる文例 [2] [2]
年齢
名称
読み
意味・由来など
満 59 歳
数え 60 歳
下寿
かじゅ
  • 「下寿」は、長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。
満 60 歳
数え 61 歳
還暦
かんれき
  • 数え六十一歳(満六十歳)に、その人が生まれた年の干支がまた戻って来て、長寿であることを神に感謝し祝う行事。
  • 数え六十一歳(満六十歳)の別称。十干と十二支の組み合わせで六十一年目に元の干支に戻る。
満 69 歳
数え 70 歳
古稀
古希
こき
  • 「人生七十しちじゅう古来こらいまれなり」という、杜甫とほの詩の一節に基づくという。
  • 七十歳の別称であり、長寿の祝い。
満 76 歳
数え 77 歳
喜寿
きじゅ
  • 「喜」の草書体が、七十七に見える所から、七十七歳の別称であり、長寿の祝い。
  • 「喜の字の祝い」「喜の祝い」などとも。
満 79 歳
数え 80 歳
傘寿
中寿
さんじゅ
ちゅうじゅ
  • 唐傘の傘を略した字が「八」と「十」に見える所から、八十歳の別称であり、長寿の祝い。
  • 「中寿」は、長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。
満 87 歳
数え 88 歳
米寿
べいじゅ
  • 八十八を一つの字にすると「米」になることから、八十八歳の別称であり、長寿の祝い。
  • よねの祝い」などとも。
満 89 歳
数え 90 歳
卒寿
そつじゅ
  • 「卒」を略した字の「卆」を分解すると、九十に見える所から、九十歳の別称であり、長寿の祝い。
満 98 歳
数え 99 歳
白寿
はくじゅ
  • 「百」の字から、一つ目の画を取ると「白」になることから、九十九歳の別称であり、長寿の祝い。
満 99歳
数え 100 歳
百寿
紀寿
上寿
ひゃくじゅ
・ももじゅ
きじゅ
じょうじゅ
  • 「紀寿」は、1世紀 = 100年から。
  • 「上寿」は、長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方。
  • 上寿を百二十歳、中寿を百歳とする考え方もあるとされる。
満 107 歳
数え 108 歳
茶寿
ちゃじゅ
  • 「茶」の字は、冠部分が「十」が二つと、旁が「八十八」に分けられ、これを足すと「百八」になることから、百八歳の別称であり、長寿の祝い。
満 110 歳
数え 111 歳
皇寿
こうじゅ
  • 「皇」の字の「白」が、「白寿」の際の考え方からから、「百」から一を取った「九十九」で、「王」の字は、「十」と「二」からなり、これを足すと「百十一」になることから、百十一歳の別称であり、長寿の祝い。
満 118 歳
数え 119 歳
頑寿
がんじゅ
  • 「頑」の字を「二、八、百、一、八」に分解し、これを足してゆくと「119」となることから、百十九歳の別称であり、長寿の祝い。
満 119 歳
数え 120 歳
昔寿
せきじゅ
  • 「昔」の字を分解すると、「廿 (20)」と「 百」になることから、百二十歳の別称であり、長寿の祝い。

  • このページは、例のいくつかをあげ編集しています。
  • 学習や研究などにお使いの際は、辞典・専門書などでご確認ください。(このページを利用され、何らかの不利益や問題が生じても、当サイトは一切の責を負いかねます。あらかじめご了承ください)
  • 本サイトは編集著作物です。データの無断転載等を禁じます。著作権侵害という犯罪
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索