立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
小雪
大雪
冬至
小寒
大寒
節分
春社日
春彼岸
春土用
八十八夜
入梅
半夏生
中元
お盆・盂蘭盆
夏土用
二百十日
二百二十日
秋彼岸
秋社日
秋土用
冬土用
元日
寒の入り
人日
(じんじつ)
上巳
(じょうし)
端午
(たんご)
七夕
(しちせき)
重陽
(ちょうよう)
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
一月
二月
三月
四月
五月
六月
七月
八月
九月
十月
十一月
十二月
 弱冠、而立、不惑など  三十路、四十路など
論語について
 
 旧暦・六曜(大安、仏滅)などを調べることができます。
  仏式  神式  キリスト教・カトリック  キリスト教・プロテスタント
 指定した年の恵方を調べることができます。  地図で確認
春・秋の七草

一月七日は初めて爪を切る日 - 七草爪(七種爪)

  • 一月七日(人日じんじつ節句せっく)は「七草がゆ」を食す日ですが、「 七草爪 ななくさづめ (七種爪)」または「菜爪なつめ」「七日爪なのかづめ」などといって初めて爪を切る日でもあります。

  • この日に爪を切ると、邪気を払うことが出来て、一年間風邪を引いたり病気になったりしないとされます。


    「七草爪(七種爪)」の儀式

    1. 七草がゆを作る朝に、“はやして” 残ったなずなを茶碗に入れ水に浸します。
    2. この水に家族全員が指をいれ、爪を浸します。
    3. その後、この年初めての爪切りをします。
    4. これで、邪気を払うことが出来て、一年間風邪を引いたり病気になったりしません。
    5. また、「七草爪」をやっておけば、一年中、日を選ばずに爪切りをすることが出来ます。
    6. 七日の日に、風呂に入ってから爪を切る風習のある地方もあるということです。
    1. ■ 江戸時代に、 喜田川守貞 きたがわもりさだ という人が書いた「 守貞謾稿 もりさだまんこう  巻之二十六(春時)」に、『七草爪』についての記述があります。
      正月七日 今朝、三都ともに 七種 ななくさ かゆ を食す。[編集注:三都とは、江戸、京都、大阪のこと]
      (中略)
       京坂は、この なずな 蕪菜 かぶな を加え煮る。江戸にても、小松と云う村より出る菜を加え煮る。けだし、薺をわずかに加え煮て、余る薺を茶碗に れ、水にひたして、男女これに指をひたし爪をきるを、七草爪と云う。今日、専ら爪の 斬初 きりぞめ をなすなり。京坂には、この行をきかず。


      【編集注】「 守貞謾稿 もりさだまんこう 」は、天保8年(1837年) から慶応3年(1867年) まで、 喜田川守貞 きたがわもりさだ によって30年間にわたって書かれた江戸時代後期の風俗史。
      【編集注】「 守貞謾稿 もりさだまんこう 」は、国立国会図書館デジタル化資料で読むことが出来ます。
    1. ■ 江戸時代の「七草爪ななくさづめ」の様子と思われる錦絵
      弘化元年・1844年に、二代目歌川豊国によって描かれた『春遊娘七草』と題する錦絵の一部。

      七草爪ななくさづめ」の様子と思われる。
      二代目歌川豊国『春遊娘七草』
    1. ■ 「『支那民俗誌』第二巻、二百三十八頁に次のようにあると、東洋文庫「 荊楚歳時記けいそさいじき 」の「人日」の項の注釈に書かれています。
      七草のとき、七草を切って「唐土の鳥の渡らぬ先に」と歌いながらトントン調子を取りながら打つという。その鳥は鬼車鳥きしゃちょう(「きしゃどり」とも)という鳥で「ふくろう」の属である。この鳥が人家に入ると凶事があるし、人の爪を好むから、人々はこの夜、爪を切って庭の地面に埋める。この鳥が鳴くと凶事の前兆である。


      【編集注】この鬼車鳥の言い伝えが、「夜爪を切るな」という俗信の根拠の一つにもなっているとも言われます。
      【編集注】「支那民俗誌」は、昭和15年(1940年) に、永尾龍造が表した日本人にほんじんによる中国民俗研究書。
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索