地図上で距離を測る 地図上で直線距離 緯度経度を調べる[10進数]  緯度経度を調べる[60進数]  クリックで標高
地図で見る世界の国 世界の首都 環状鉄道[日本] 環状鉄道[国外] クイズ/ここはどこ? 面積を測る 地図上に境界を表示

『神隠しされた街』

若松丈太郎さんの詩と、全国原子力施設の半径30km圏内地図


 地図上で距離計測
 2点間の直線距離 
 地図クリックで住所 
 ドラッグで半径距離 
 半径内の情報調べ 
 地図で巡る環状鉄道 
 地図クリックで標高 

『神隠しされた街』

若松丈太郎さんの詩と
全国原子力発電所・原子力施設の半径30km圏内地図

※このページでの若松丈太郎さんの詩は、    
著作権の関係上一部分の引用のみとしています。
4万5千の人びとが2時間のあいだに消えた
サッカーゲームが終わって競技場から立ち去ったのではない
人びとの暮らしがひとつの都市からそっくり消えたのだ

このような書き出しで始まる、
『神隠しされた街』という詩があります。
1994年に書かれた詩です。
それから17年後の2011年 3月11日。
誰も想像だにしなかった「東日本大震災」。
そして、
誰も想像だにしなかった「原発事故」。

この『神隠しされた街』には、
その、
誰も想像だにしなかった
「原発事故」を予言したかのような言葉がちりばめられています。

しかし、それは「予言」ではなく、
詩人の若松丈太郎さんは、その日が来るのを知っていたのです。

若松さんは、チェルノブイリで見た現実を、
自分が住む東京電力福島原発近辺に置き換えて、
それでも、現実にならないことを祈りながら、
詩にしました。

現実にならないことを祈りながら…。

2011年3月。
しかし、それは、現実になりました。

「避難訓練をしているから安心だ」
「モニタリングポストを設置したから安心だ」
だから、
人々は、
安心していました。

いや、人々は、
安心した振りをしていただけだったのかもしれません。
人々は知っていたのです。
「避難訓練をするのは危険がそこにあるからだ」
「モニタリングポストを設置するのは危険がそこにあるからだ」

そして、それは、
2011年、
現実になりました。

詩人の若松丈太郎さんは、
東電福島原発から30kmの範囲の、
具体的な町の名前をあげ、
避難を余儀なくさせられることを書きました。

『神隠し』にでもあったように、
人々がいなくなった街の情景を書きました。
一篇の詩として。

原子力発電所中心半径30㎞ゾーンは危険地帯とされ
11日目の5月6日から3日のあいだに9万2千人が
あわせて約15万人
人びとは100㎞や150㎞先の農村にちりぢりに消えた
半径30㎞ゾーンといえば
東京電力福島原子力発電所を中心に据えると
双葉町 大熊町 富岡町
楢葉町 浪江町 広野町
川内村 都路村 葛尾村
小高町 いわき市北部
そして私の住む原町市がふくまれる
こちらもあわせて約15万人
私たちが消えるべき先はどこか   
私たちはどこに姿を消せばいいのか

そして、それは、
17年後の、2011年、現実になりました。
『神隠しされた街』は、現実になりました。

詩はこう結ばれます。

私たちの神隠しはきょうかもしれない
うしろで子どもの声がした気がする
ふりむいてもだれもいない
なにかが背筋をぞくっと襲う
広場にひとり立ちつくす
若松丈太郎『神隠しされた街』より
ひとのあかし(著 若松丈太郎)
日本の原子力発電所・原子力施設の半径30km圏内の地図を見る
事故が起きた場合に避難の可能性がある半径30km圏内の人口が全国で最も多いのは、茨城県の「東海第二発電所」で100万人近くが対象です。
- マーカーに表示される「半径30km圏内地図を見る」をクリックしてください -
                           
                

 
 
 ※2011年3月末現在の原子力発電所・原子炉など。運転中か停止中かは問わず、建設中・準備中は含み計画中は除く。
こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索