「○○から何日目」と「○○から何日ぶり」の違いについて
[ある出来事や誕生日などから何日目なのかと、何日ぶりなのか(何日経過)の違い]

「○○から何日目」と、「○○から何日ぶり」という言い方があります。この違いは?
  • 「○○から何日目」とは
    • 「何日目」という場合は、出来事や誕生日を「1」として数えます。
    • 例えば、1月2日に、ある事件が発生し、1月6日に解決したとすると、「5日目で解決」ということになります。
    • これを計算式にすると、「6 - 2 + 1 = 5」となります。
    • これは、年齢での「数え年」の考え方と同じです。
  • 「○○から何日ぶり」、もしくは「○○日経過」とは
    • 「何日ぶり」「○○日経過」という場合は、出来事や誕生日の当日は「0」として計算します。
    • 出来事や誕生日の翌日から数えることになります。
    • 例えば、1月2日に、ある事件が発生し、1月6日に解決したとすると、「4日ぶりに解決」ということになります。
    • これを計算式にすると、「6 - 2 = 4」となります
    • これは、生まれて1年間を「0(零)歳」とする「満年齢」の考え方と同じです。満年齢の場合は、生まれて1年間は「0歳」、2年目に入って「1歳」となります。
    • また、「○○周年」と言う場合もこれと同じで、「周年」とは、ある出来事からの経過年数を表し、起点となる年を「0」として計算します。「年が一周りした」という意味で、まる1年が経ち2年目に入って「1周年」、まる5年経ち6年目に入って「5周年」となります。
    • 赤ちゃんの「生後日数(日齢と呼ばれたりもする)」の場合は、生まれて何日が経ったかということですので、生まれた当日は「0」として計算します。母子手帳にも記載されていますが、生まれた当日は「0日」で、生まれた翌日が「生後1日」となります。
・母子手帳に記載されている
「生まれた当日は0日」の文字: 母子手帳に記載されている「生まれた当日は0日」の文字

おすすめサイト・関連サイト…