年齢早見表 年齢計算[1] 年齢計算[2]前日加齢 年齢計算[2-2]当日加齢 年齢計算[3]基準日設定 元号・西暦一覧 元号・西暦五十音一覧
和暦(元号) ⇔ 西暦変換 経過日数計算 何日後・何日前は...何月何日 Excelなどで何日後? この間、何日? 入学・卒業年計算 干支を調べる
その日は何曜日? カレンダー 西暦→皇紀変換 皇紀→西暦変換 閏年調べ 閏年一覧 九星調べ ドッグイヤー 小学校入学/生まれ年

指定年月日から何日後・何日前は、何年何月何日?
= エクセル(Excel)などの表計算ソフトを使って =

きょう:
指定した年月日から、指定した日数の日付はいつになるのかを、
エクセル(Excel)などの表計算ソフトを使って調べることができます。
 エクセル(Excel)などの表計算ソフトを使って、指定した年月日から指定した日数の日付はいつになるのかを調べるには二つの方法があります。「何日後」「何日前」を調べるそれぞれの方法を見てみます。
 ※関数などの関係から、下記と同じにならない表計算ソフトもあります。

【何日後】かを調べるには…

《例》2012年7月15日から、568日後は何年何月何日か? 

  1. 二つのセルを使って表示させる方法
    • 例えば「A1」のセルに、起点(起算日)となる「2012/7/15」を入力する。
      • セルはどこを使ってもかまわない。
    • 次に、「A1」以外のセル、例えば「A2」のセルに「=A1+568」と入力する。
      • これは、起算日を入力した「A1」を参照し、568日を足すということを表す。
      • 従って、別のセルを使う場合は、起算日を入力したセルが「C3」であれば、「C3」以外のセルに「=C3+568」と入力する。

  2. 一つのセルで表示させる方法
    • 任意のセルに、「 =DATE(2012,7,15+568) 」と入力する。
  • いずれも結果は「2014.2.3」となります。


【何日前】かを調べるには…

《例》2012年7月15日から、568日前は何年何月何日か? 

  1. 二つのセルを使って表示させる方法
    • 例えば「A1」のセルに、起点(起算日)となる「2012/7/15」を入力する。
      • セルはどこを使ってもかまわない。
    • 次に、「A1」以外のセル、例えば「A2」のセルに「=A1-568」と入力する。
      • これは、起算日を入力した「A1」を参照し、568日を引くということを表す。
      • 従って、別のセルを使う場合は、起算日を入力したセルが「C3」であれば、「C3」以外のセルに「=C3-568」と入力する。

  2. 一つのセルで表示させる方法
    • 任意のセルに、「 =DATE(2012,7,15-568) 」と入力する。
  • いずれも結果は「2010.12.25」となります。



こちらもオススメです…
ちょっと便利帳目次へ
お気付きの点,情報などがごさいましたら,こちらからお知らせください
ご質問にはお答え致しかねます。ご了承ください。
掲載しているデータの,法律上の “引用” の範囲を超えての無断転載・無断転用を禁じます - 見解と取り組み。
カスタム検索