ローレル指数(Rohrer index)を求める
= 児童・生徒の肥満の測定/判定 =

  • このプログラムで求められるのは児童・生徒の値です。男女の違いなどの考慮はなされていません。
  • このプログラムでの判定値はあくまでも参考としてご覧いただき、気になることがあった場合は医師などにご相談ください。
  • 判断基準・数値などは変更になる場合があります。最新の情報を医学サイトなどでご確認ください。
  • 満3か月から5歳までの乳児・幼児の場合は「カウプ指数」を、成人の場合は「BMI」のプログラムをご利用ください。
身長   cm    
体重   kg    

肥満度指数  (ローレル指数)

 判定 
「ローレル指数」に基づく肥満・やせの判定基準
ローレル指数
判定
100未満
やせすぎ
100 ~ 115未満
やせぎみ
115 ~ 145未満
普通
145 ~ 160未満
太りぎみ
160以上
太りすぎ
  • 「ローレル指数」とは、『こどもの身長と体重のバランスが数字』で『学童期の発育状況を知る目安の数値』(日本医師会)とされます。
  • 「身体充実指数」とも呼ばれ、栄養状態・発育状態の指数で、肥満・やせの尺度となる指数です。(「法則の辞典」「医学英和辞典」など)
  • ローレル指数が130程度で標準的な体型とされ、プラスマイナス15の、115 ~ 145未満程度に収まっていれば標準とされます。
  • 145を超えると「太りぎみ」で、160以上は「太りすぎ」、100未満で「やせすぎ」とされます。
  • 計算式
     体重[kg] ÷ 身長[cm]3 × 107
     体重[kg] ÷(身長[cm] × 身長[cm] × 身長[cm]) × 10000000

      ※ 体重を [g] とした場合:体重[g] ÷(身長[cm] × 身長[cm] × 身長[cm]) × 10000

 各種辞典などに見られる「ローレル指数」の解説 

大辞林 第三版 【ローレル指数】
 児童・生徒の栄養状態の判定に用いられる指数。
デジタル大辞泉 【ローレル指数】 《Rohrer index》
 標準体重を求める方法の一つ。肥満度の目安に用いられる。
法則の辞典 【ローレル指数】 《Röhrer's index》
 生理学的には身体の密度に比例すると考えられ、「身体充実指数」と呼ばれることもある。肥満・痩身の尺度となる指数。ローラー指数ともいう。
医学英和辞典 【ローレル指数、ローラー指数】《Röhrer's índex》
 栄養状態を表わす指数
 【Friedrich Chistian Röhrer Jr (1888‐1926) ドイツの生理学者】
栄養・生化学辞典 【ローレル指数】
 身長充実指数ともいう。栄養状態、発育状態の指標。
【外部リンク】日本医師会:ローレル指数計算
関連するページ

おすすめサイト・関連サイト…