[ 早口言葉や発声、滑舌など、言葉の練習をしましょう ]
北原白秋「五十音」
縦書き・原文

 【縦書き】 
 原文  
 ふりがなバージョン  
 かなバージョン  
 【横書き】 
 原文  
 ふりがなバージョン  
 かなバージョン  
  •  この詩は、北原白秋が書いた『五十音』という詩です。「あめんぼのうた」「アメンボの歌」「五十音の歌」「あいうえおの歌」「あいうえおのうた」などと紹介されることもありますが、『五十音』が正しい題名です。
  • 「かな学習歌」として書かれたもので、「4・4・5 型」の定型詩です。詩の書き出しが「水馬=あめんぼ」なので、「あめんぼのうた」「あめんぼの歌」「アメンボの歌」と、また、「あいうえお」と出てくるので「あいうえおの歌」「あいうえおのうた」と、また正しい表題の『五十音』から「五十音の歌」などとも間違われることがあるようです。
  •  五十音の各行の出だしに最初の文字で始まる言葉が置かれ、「ア、イ、ウ、エ、オ」などの各行の文字に関連する言葉が「4・4・5」で全体に配置されています。
  •  原文では、漢字にルビが振ってありますが、このページでは省略しました。振り仮名及び漢字の読み方は「ふりがなバージョン」のページを、また、発声練習などに読みやすくした「かな」のみの「かなバージョン」のページもご覧ください。
  •  横書きのページも用意しました。こちらからご覧ください。「横書き原文」「横書きふりがなバージョン」「横書きかなバージョン
北原 白秋(きたはら はくしゅう) 北原白秋
  1885年(明治18年)1月25日生まれ - 1942年(昭和17年)11月2日没
  詩人、童謡作家、歌人
 「五十音」の初出は、1922年(大正11年) 「大観1月号」
   
閲覧スタート

表紙へ 前へ  [ 表紙 ]  次へ 最終ページへ
  = 表紙を印刷する =

表紙へ 前へ  [ P.2 ]  次へ 最終ページへ
  = 1,2ページ目を印刷する =
 

おすすめサイト・関連サイト…