人生の節目計算
金婚式、銀婚式、真珠婚式など、結婚記念日を計算

  • 結婚に関する記念日は、結婚してからの経過年数によって「銀婚式」や「金婚式」などの名称が付けられています。
  • その記念日には、その名称に相応しい贈り物を夫婦間で交換したり、夫から妻へプレゼントしたりする人もいるようです。特に「金婚式」は特別な記念日として家族や一族で盛大に祝う風習もあり、子供から両親へプレゼントが贈られることもあるようです。
  • このプログラムでは、それぞれの節目の記念日の名称と年月日を表示することができます。
  • 結婚した日を入力して、結婚した日から何年目がどのような記念日で、和暦と西暦で何年になるのかを計算します。
きょう:
 *きょうの日付は合っていますか。
 *日付の表示が合っていない場合は、こちらをご覧ください 
 *「結婚した日」を入力して、結果の欄に表示された「1周年:紙婚式」は1年後になっていますか?
 *合っていない場合はもう一度パソコン内蔵の時計をチェックし、それでも合わない場合はこのプログラムはお使いにならないでください。
= 金婚式、銀婚式、真珠婚式など、結婚記念日を計算します =
結婚した日:
 年   月  
  
ここに結果が表示されます。
  • 結婚記念日の風習は欧米から伝わり、日本では、1894年(明治27年) [ ] に明治天皇が銀婚式を祝ったのをきっかけに、一般に広まったとされます。
  • 結婚記念日の名称は、国や地方によって違う場合もあり、また、時代とともに変化もしています。
コピー用テキスト
《結果を選択する》 ・文字だけをコピーして使うことが出来ます。

おすすめサイト・関連サイト…